女性医師のライフプラン2

どの診療科がどのように働きやすいのか、その特徴についてみてみました。
まずは放射線科です。放射線科の魅力は画像診断が中心で直接の処置などの慌ただしいシーンが少なく、拘束時間が短めという特徴があるようです。また、放射線科は医師の数が少ないため需要が多いので、非常勤という選択でも十分な生計を立てていけるようです。
麻酔科も労働時間が短く当直が少ない診療科の一つです。フリーランスという選択肢もあり、多様な働き方が可能なようです。さらに多くの麻酔科には育児支援制度が整っていて女性が復職しやすいのもポイントが高いと思います。
就業先の病院にもよりますが、精神科も拘束時間が短く余暇を有効に利用できる診療科のようです。病院によると書いたのは、措置入院受け入れなどを行なっている病院ではたぼうになることもあるようなので、比較的落ち着いている療養病棟や外来診療のみの病院を選ぶのがベターかと思います。
外来中心で勤務時間が延びにくいのが美容整形外科も働きやすい診療科の一つです。また、自由診療のため報酬額が高いということもあり、効率的に稼ぎつつ余暇を充実させたいという方に最適の科なのではないでしょうか。
他にも眼科や耳鼻咽喉科、泌尿器科や皮膚科などもライフワークバランスが取りやすようです。