女性医師の職場復帰

現在、女性医師の中で臨床をはじめとした医療の最前線で輝いているのは、正にライフイベントが起こりやすい世代なのではないでしょうか。そんな女性医師たちが出産や育児といったライフイベントを終えて職場に復帰するには何をしておけばライフワークバランスを崩すことなく安定した家庭が築けるでしょうか。
産休や育休以外にも、介護や病気、怪我など、ライフイベントが明けて職場に復帰する際、女性医師に限らず準備しておかなければならないことがいくつかあるようです。
今回は特に子供がいるケースでみてみたいと思います。子供がいるということは、勤務時間だけでなく家での役割に関しても、出産前と同じというわけにはいかなくなるでしょう。
職場復帰する前に、一番に準備しておく必要があるのは子供の預け先です。今の時代、共働きの世帯が増えたことによって、保育施設や保育士が慢性的に不足している状況が続いており、社会問題にまで発展しています。
計画していた復帰時期に子供の預け先がないとなると、職場だけでなく、自分のキャリアパスにも影響が出てきます。そのため待機児童が多い地域では、産休に入ったらすぐに保育園を探す保活を始めるようです。具体的には、通える範囲にある認可、認可外に問わず、全ての保育園を候補にして見学を行なって情報を集めたり、行政の窓口に足を運んで地域の保活状況や保育所探しの相談をしてみたりするようです。
また、小さな子供は体調をくずしやすいので、保育園に通えたとしても保育園を休むことが多くなります。子供が休んだ時の対策も用意しておくのは大事になってきます。子供が体調を崩すたびに仕事を休むこと自体は本当に仕方のないことですが、職場に迷惑をかけるという意識が自分自身のストレスにもなります。特に都内で勤務している女性医師の場合、夫やお互いの両親に頼るということも視野に入れるとはおもいますが、必ずしも両親が近くに住んでいるとは限らず、夫と二人、途方に暮れてしまうケースも少なくないのではないかと思います。そんな時には病児保育やベビーシッターのようなサービスの利用も検討してみるといいかもしれません。