女性医師の転職活動

一般的に女性医師の方が男性医師よりも慎重に転職活動を行うとようです。自らが望んでいないにもかかわらず、転職活動が長引くのは避けたいものですが、女性医師の場合は女性であるが故の理由があるようです。
通常、医師が転職を行うときはコンサルタント会社を利用し、仕事の合間を縫って面談や打ち合わせなどをしながら活動をしていきます。
しかし、女性でさらに既婚者で家庭もあるという女性医師の場合は、医師としての仕事はもちろん、家事にも多くの時間を使うことになります。そこに子供が加わると育児もプラスされて、転職活動にかける時間を確保することが一苦労になります。
このことから、女性医師の転職活動に時間がかかる理由はなんとなくわかりました。
しかしながら、転職活動自体もかなりストレスになるものです。できれば活動期間は短くしたいものなのではないでしょうか。
転職活動期間をできるだけ短くしたい人は、忙しくなる前に思い切って転職してしまうというのも一つの方法です。たとえば、結婚の予定が入りそうであれば、挙式や入籍の前にしたり、出産を考えているのならば、妊娠前に転職をするのもよいかもしれません。転職活動をスムーズに行うために、スケジュール調整を行うことはもちろんですが、将来設計もしておくと、活動していく上でも自分の希望にそった転職活動ができるのではないでしょうか。一つ一つのことを丁寧にこなして、女性としても医師としても輝ける転職をしたいものです。