医師の生涯とワークライフバランス  その2

医師の元に訪れる人はなんらかの症状を抱え、生活に支障をきたしている状態です。それらの症状を緩和させ、治療する事が医師の仕事であり役目です。しかしながら、その治療によって症状が出る前と同じような生活を送れるとは限らない現実もあります。
そのような事態に見舞われた患者に寄り添い、共により良い方法を考えようとすればするほど、医師の心身の負担が増大していくのは言わずもがなです。患者のことを大切に思えば思うほど、働き過ぎてしまうというのはなんともジレンマですが、医師である選択をした以上どうしても付きまとってくる問題です。
医師を生涯全うするためには自身の健康にも気をつかうことが大切です。自分の体に目を向けないあまりに深刻な病気を患ってしまている医師も少なくないようです。そして、それは体だけに留まらず、うつ病をはじめとする心の病気も例外では無いようです。やはり医師として長く働き続けるためには、まず、第一に自信が健康である事が重要と考えます。
そのためにもワークライフバランスを意識した働き方をする事が鍵となるでしょう。また、患者の命や健康に責任を持つ上でも、自信が医師である前に人として心身ともに健康であることがより、仕事に対するパフォーマンスが向上するでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です