看護助手、介護士の一日

 看護師には正看護師、准看護師、看護助手があります。また別の国家資格として介護士があります。ここではその中でも補助的な業務や介助を行うことが多い看護助手と介護士の業務内容を見ていきます。

 病棟には医療法などに基づき、看護師などの職員が配置されています。職員は役割分担しながらお互いに協力して患者の療養上の世話や診療の補助を行っています。看護助手や介護士は医療行為を行えない資格であるため、看護師とはまた異なる役割を持っています。

 看護助手は看護師よりも配置人数が少ないことが多く、朝出勤後患者の食事の用意や食事の介助をおこないます。その後、ベッド周辺の環境調整をし昼食の用意を始めます。交代で昼休みをとり、午後からは病棟内の物品の在庫確認や、不足品の請求などを行います。入退院がある日や、必要があるときはベッドメイキングをします。

 介護士は看護師とは異なる国家資格です。病院では療養病棟などに勤務しています。医療行為は行いませんが、生活介助などを専門とした職種のひとつです。

 看護助手とおなじ業務も行いますが、おむつ交換や入浴介助など実際に患者に触れる機会も多くなります。患者の入院生活をサポートするのが主な業務内容です。車椅子での散歩や、リハビリの援助なども行います。行った業務については一日の終了時に看護師に報告します。

 このように、患者に触れあう職種は看護師だけではありません。医師や薬剤師だけでは不足する患者へのケアを、看護師や介護士などその他のコメディカルスタッフが分担して行うことで、患者が安心して入院生活を送ることができる仕組みが作られています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です